美容外科クリニックの求人に応募した

アパレルにいたが医療事務がしたくて職探し

以前はアパレル業界にいて洋服の販売をしていました。
特に楽しく働いているわけでもなく、何となく続けていた感じです。
店長が変わって仕事内容がガラリと変わり、とても厳しくなって辛い日々を送っていました。
朝の開店から夜中0時近くまでがむしゃらに働く毎日に嫌気がさして、退職することを決めました。
私は前から医療系の職に就きたいという思いを持っていたので、いつかは病院かクリニックで医療事務をしたいと考え、医療事務のスクールに通って資格を取得していました。
病院やクリニックは定時で帰れること、結婚後も働きやすいことなどを考えてのことです。
これを機に医療事務の仕事を探そうと決心し、求人募集を探すことにしました。
医療事務は求人自体は多いのですが、勤務地が遠かったり、自分の働きたい診療科目ではなかったりと、思い通りの案件が無くてけっこう苦労しました。
苦労した理由はそれだけではありません。
どこかアパレル業界の雰囲気を引きずっている自分がいて、「美」を追求した分野に関わりたいという思いがあったのです。
派遣会社やハローワークで紹介してもらえても一般的な診療科がほとんどで、いつも納得がいかない感じがしていました。
そのため、面接後に辞退する電話を入れたり、せっかく紹介してもらった案件でも面接すら断るという始末で、これからどうすればいいのか途方に暮れていました。

アパレルにいたが医療事務がしたくて職探し / 美容外科の面接を受けて採用される / 美容外科は外見や人間関係に気を配る必要あり